妊娠中の体重管理で一番大変な時期は妊娠中期だと思います。妊娠初期はつわりで食事が辛かったり、妊娠したという生活習慣の変化で体重の増加は許容の範囲だと思います。また妊娠後期は気持ちに食欲があったとしても、お腹の赤ちゃんが大きくなっていて胃や腸を圧迫するので一度に食べる量も限られてくるので体重増加も緩やかになるでしょう。

妊娠中期は一般的につわりも終わり食欲も出てくるので体重管理を心がけ無いといつの間にかどんどん体重が増えていきます。お腹の赤ちゃんの栄養の為と沢山食べればお腹の赤ちゃんの成長に栄養が行くのではなく自分の体に蓄えられます。

赤ちゃんは自分の必要な栄養しか吸収しないのです。妊娠中の体重管理は大変ですが、妊娠中毒症の原因にもなるのでストレスにならない程度に気を付けなければなりません。

妊娠中は便秘にもなりやすいので、繊維質が豊富な食材を食べるといいでしょう。繊維質はお腹の満腹感も得ることができるので、食べる量を減らす事が出来ます。

また、妊娠中は貧血にもなりやすいので脂質の少ない鉄分豊富な食材を選ぶのも良いですね。安全なお産をするためにも、体重管理は重要なのでストレスを溜めず頑張って下さい。